社畜とは一体なんだ?新しい仕事観の芽吹き

昨今、社畜という言葉が一般的になってきました。

社畜とは一旦なんなのでしょうか?

社畜(しゃちく)とは、主に日本で、勤めている会社に飼い慣らされてしまい
自分の意思と良心を放棄し
奴隷(家畜)と化したサラリーマンの状態を揶揄したものである。
「会社+家畜」から来た造語で、「会社人間」や「企業戦士」などよりも、皮肉が強く込められている言葉である。
wikipediaより引用

「自分の意志と良心を放棄して、生活のための賃金を得るために、自分の人生の時間を勤めている会社に捧げること」ということのようです。

この定義を逆にして、

「自分の意志を放棄」せずに、自分の自己実現をその会社の仕事を通して達成することが出来て、
「自分の良心を放棄」せずに、やりたくない、やるべきではない仕事にはNOを言うことが出来る、

そういったサラリーマンは社畜には当てはまらないのだと思いますが、こういったサラリーマンはごく一部ですよね。

実は今までの日本のサラリーマンもほとんどが社畜だった

会社に雇われて、 定年退職を迎えるまで人生の殆どの時間を勤めている会社のために捧げる。

納得行かないことばかりだけど、安定した賃金を一生もらえることと引き換えに、モノを言わずに従うことを覚えていく。

終身雇用が当たり前だったつい最近までは、こういった考えは当たり前のもので、特に誰も疑問を抱かずにいました。

ではなぜ最近になって、「社畜」という言葉が世間を賑わすようになってきたのか。

理由は大きく2つあるのかと思います。

終身雇用制が瓦解し、日本人が自分の意志と良心を取り戻しつつある

安定した賃金を一生もらえることと引き換えに、自分の意志と良心を押し殺してきた日本人ですが、大企業であってもリストラが当たり前の時代、もはや勤めているだけで安定した賃金を一生もらえる時代ではとっくになくなっています。

社畜のメリットである、賃金と人生の安定が無くなってしまった今、日本人が意志と良心を少しずつ取り戻してきて、

「この仕事は本当に自分のやりたいことなのか?」
「こんな我慢ばかりしてこの会社で働いていて何になるのか?」

そんな風に、自分が奴隷のような働き方をしていることに気づき始めてしまいました。

インターネットにより「社畜」以外の新しい仕事観が一般的になりはじめた

インターネットが一般的になる前までは、人の情報入手経路というのは、

  • 自分と近しい生き方をしている友人や家族
  • 情報統制がされたTV・雑誌

の2つが主でした。

友人や家族というのは、自分と近しい行き方を歩んでいる人がほとんどですし、TV・雑誌はスポンサーが必要ですからもちろん情報統制されています。

基本的には、これら2つからしか他人の人生や仕事観を知ることが出来なかったのですから、自分の人生・仕事観について疑問に思う余地はほとんどなかったことになります。

ところがインターネットによって、様々な人の生き方を知れるようになった今、自分の人生のほとんどの時間を会社に捧げる人生に疑問を持つような人が増えてきても全くおかしくありません。

色々な人生があって、自分なりの自分にあった歩み方があって、せっかく一度きりの人生なのだからそれを追い求めたい

そんな風な新しい仕事観が少しずつ少しずつ一般的になってきています。

このサイトでは、そういった事例を沢山まとめて、自分らしく生きたいあなたを応援していきたいです。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ